スポンサードリンク
スポンサードリンク

一度くらい若い内にアルバイトを経験

高校生のアルバイトはどのようなものがあるのかまとめてみます。中学生の頃はアルバイトがほとんど禁止され、新聞配達くらいが関の山です。ですが毎月もらえるお小遣いでは自分が欲しいものを買うことができず、悶々とした日々を過ごしてきたことでしょう。学業も大事ではありますが、社会経験を積むというのも将来においては重要なものです。大人の意見であれば、社会経験なんてものは後からでも経験することが出来るから、今は学業に集中しろというものがありますが、現に私はアルバイトを一切やらずに社会に出て大変苦労しました。短期のアルバイトくらいはやっていたのですが、社交性が低い人にとってはいきなり社会の荒波に放り出されるということは鬱になりかねないくらいの刺激があります。ですから、私としては一度くらい若い内にアルバイトを経験しておくのが良いと思います。

高校生ができるアルバイトのほとんどは体力勝負

高校生になると様々なアルバイトが出来るようになり、学校が終わった後や休日にお金を稼ぐことができるようになります。ただし学校によっては校則でアルバイトを禁止しているという所もありますので、そういった場合は大人しく諦めましょう。黙っていればわからないと思うでしょうが、バレた時のペナルティのことを考えると、そこまでのリスクを背負ってアルバイトするのは無謀です。ただし、特殊なケースの場合は申請することによって許可が出ることもありますので、前もって調べておくと良いでしょう。
高校生ができるアルバイトのほとんどは体力あってこそのものです。頭脳労働はほとんどありませんので、まず体力がなければ学校とアルバイトを両立することはできません。今まで労働経験が無い人にとってはピンと来ないかもしれませんが、学校へ行った後でアルバイトをして、さらに家で勉強をする(テスト前など)ということは生半可な体力では体が持ちません。結局どこかで歪みが出てしまって、どれかが疎かになってしまうのです。学校を休むというのは除外するとしても、体力がもたないという理由でアルバイトを辞めてしまう事や、自宅で勉強する時間が作れなくなってしまい、成績が落ちてしまうというようなことがあります(これが学業に集中しろと言われる一番の理由です)。体力的にはタフでも精神的には打たれ弱いという人にも高校生アルバイトは難しいでしょう。

生半可な覚悟で始めてしまっては必ずどこかしら破綻してしまう

色々と書きましたが、私は高校生がアルバイトをするということに反対という意見を持っているわけではありません。世の中には高校生がアルバイトをしていても全てが成り立っているという人も多くいます。ただし、生半可な覚悟で始めてしまっては必ずどこかしら破綻してしまうということがありますので、その覚悟を持って臨むようにしてください。アルバイト雑誌やインターネットでの情報サイトで高校生アルバイトは沢山見つけることができます。もし自分がやりたいと思っているアルバイトの経験者が近くにいるのであれば、どのよ働くことは社会人への第一歩!働いてお金をもらうのだから一生懸命頑張りましょう。アルバイトは学校以外の友達作りや仲間作りにも最適!新しい出会いが待っています。

高校生のアルバイト